• home
  • > 治療例

五十肩

DSC03896.JPG

 3か月前から右腕の付け根が痛くて衣服を着たり脱いだりする時や、お風呂場の洗面器で湯船のお湯を汲む動作がしずらくなったという女性。

DSC03901.JPG

診断すると右腕が水平以上に上がらない状態。

俗にいう五十肩で、今迄に整体院と整骨院に行ってみたものの状態が変化していないとの事でしたが、施術後は真上に上がるように改善されました。

 

姿勢矯正

 姿勢が悪いと、お母さんに連れられて来た小学女子。

毎日寝転んでマンガ本を読んだり、携帯ゲームをしているのが主な原因だという。

姿勢矯正-10.jpg

施術後は明らかに背中の丸みが無くなって背筋が真っ直ぐなり、前に傾いていた頭の位置も後ろに下がり、身長も伸びました。

胸(肋骨)の位置も上がり、呼吸もしやすくなりました。

ぎっくり腰

 突然腰背部が痛くなり、痛くて我慢出来なく、前屈も後屈も殆ど出来なくなったという男性。

腰背部の痛みが和らぐと、残っている臀部の痛みをより強く感じて立ち上がれない状態。

これは腰背部が強く緊張して背骨を保護していたものが、腰背部の緊張が解放されて体の重みが臀部に加わっているための状態。

その後臀部の痛みも和らぐと、痛みがまだ少し残っているものの、激痛で立ち上がれない状態が、問題なく普通に歩けるように変わりました。

脳脊髄液減少症

5年前に交通事故のむち打ちで首を痛めたのと同時にめまいが酷く、耳鳴り、首の痛みや全身の痛みがあり、常に体の調子が悪く仕事を辞めてしまったという30代男性。

病院で脳脊髄液減少症と診断され、有効といわれているブラッドパッチ治療を3回受けているにもかかわらず、症状は全く変化しないという。

脳脊髄減少症は自然形体療法の研修中に恩師である山田洋先生が格闘していた難病で、その治療法を毎回よく見させて頂いていました。

施術前は身体中に傷みがある酷い状態でしたが、一度の施術で痛みの度合い (頭や首が重い感じや手足の痛み) が幾らか変化して少し楽になったといわれ、今後は通院されたいとの事でした。

 

 

変形性膝関節症

 

膝が痛くて歩行時にびっこを引いている状態で、階段がのぼれない60代女性。

病院へ行ったら『変形性膝関節症』という診断で、手術をするしか改善方法がないといわれているという。

DSC03822.JPGのサムネイル画像

ところが施術1回目から膝の痛みは殆ど消えて楽になり、数回目の施術後には『OOさん、最近びっこを引いていないですね』とよく言われるとか・・

数回目の施術後には普通の道は全く支障なく歩けるように改善し、来院当初少ししか曲がらなかった右膝は90度を越えて曲げられるまでになり、施術を受ける度により曲がるように改善して行っています。

 

メニエール病

 耳鳴り・めまいが酷くてメニエール病と診断されて薬を処方された50代男性。

メニエール病は原因不明で、治らないといわれており、少しでも良くなりたいとの事で来院されました。

当院ではメニエール病の原因は○○が△△しているためにリンパの流れが悪い状態になっていて、内耳のリンパの量がうまく調節出来ないと考えているので、原因を改善して行くとかなり良い状態に変わりました。

その後2回の治療を受け、合計3回の治療を行った結果、その後は以前のような酷い耳鳴りに悩まされていないとの事です。

 

手術をしなければ治らない股関節痛

股関節が痛くて病院での診断では、大腿骨頭が擦り減っているのが原因なので、手術をして人工関節に交換しない限り治らないといわれている40代女性。

『人工関節に交換したくない』『手術をしたくない』との事でご主人と一緒に来院されました。

本当に股関節の大腿骨頭が擦り減っていて痛みが出ているとしても、原因は歩き過ぎや使い過ぎではないので、取り敢えず何処がどう痛むのか確かめると、膝を曲げて足を持ち上げた姿勢で実際に痛みが出る場所は股関節ではなく鼠頸部(そけいぶ)でした。

これには驚きました。

病院は股関節が痛くも悪くもないのに、切り取って金属の人工関節に交換する手術を勧めているのですから。

医師の先生が患者さんの痛みのある場所も触れて確かめないような診断しかしない現状ではこのような誤診で悪くもない股関節を人工関節に交換されているケースが沢山あるのでしょう。

鼠頸部の痛みの治療はホンの10分程度で終わりました。

これには本人もビックリ!

絶対に手術をしない限り治らないと宣告されていた傷みが僅か10分程度の治療で消えてしまったのですから。

更に違和感のあった膝の曲げ伸ばしも違和感なくスムーズに行えるようになり、脚の動きが軽くなり、実際に治療を行った方の大腿は明らかに細く変化しています。

その後異常のない方も同様に行い、両脚共に細くなりました。

勿論股関節に対する治療は全く行っていないので、脚の付け根の痛みが股関節の大腿骨頭が擦り減っている為に生じているという病院の診断が間違いである事に納得されました。

足の裏のむくみ

DSC03315.JPG

右足の裏までむくみのある女性。

初めに右足の裏のむくみを取ると、左足との差が一目瞭然。

DSC03316.JPG

次に左足のむくみも取り、両足の裏が同じになりました。

お尻~腰の痛み

前屈時は全く傷みがないけれど、後屈は痛くて殆ど出来ないという。

お尻の痛みは原因を特定するのが中々難しくて改善するまでに何回も通って頂く場合も少なくないのですが、施術開始と同時に原因が判明したので一度の施術で先程まで椅子に座る時の痛みは全くなくなってしまいました。

DSC03303.JPG

施術前に後屈した時は痛みを伴い全身が硬直していましたが、

DSC03304.JPG

施術後は痛みがなくなり、全身の力を抜いた状態で限界まで後屈出来るようになりました。

下半身のむくみ

常に下半身がむくんでいて、パンパンに膨れているので何とかして欲しいという女性。

下半身のむくみを取るのは至って簡単で、むくみを取るとその瞬間に太ももやふくらはぎが細くなります。

DSC03243.JPG

序に姿勢も良くしたいとの事なのですが、そんなに悪くなかった姿勢が・・

DSC03244.JPG

別人の如く綺麗な姿勢に変身する事が出来ました。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪