• home
  • > 対応できる症状
  • > シンスプリント【疲労性骨膜炎】(ふくらはぎ・脛の痛み)

シンスプリント【疲労性骨膜炎】(ふくらはぎ・脛の痛み)

足を使うスポーツやランニングなどを繰り返す事によりヒラメ筋の使い過ぎにより脛骨に骨膜炎が生じたものと言われています。

脛の内側に痛みを生じ、圧痛があり、片足ジャンプ(ケンケン)が続けて出来ない。治療法としては骨の筋膜、軟骨組織の炎症でアキレス腱を伸ばすなどのヒラメ筋のストレッチや鍼治療が有効と言われていますが、これといった特効薬的な治療法はないようです。

ところが多くのシンスプリントの痛みは疲労によるものではなく、筋肉が繰り返し使われる事により副産物として作り出される老廃物の流が悪くなっていて、ふくらはぎなどの痛みのある部分に溜まっている場合が良くあります。

ところが現代医学では浮腫みが原因という考えがなく、浮腫み検査は指で一定時間押した跡が引っ込んだまま戻らない状態かどうかで判断するという方法しか行われていません。

ですから指の腹で軽く触れたくらいで感じる僅かな浮腫みなどは全く診断する事が出来ませんし、浮腫みかどうかも分かりません。

つまり疲労ではなく筋肉組織の中に溜まっている老廃物(異物)により浮腫んで痛みが出ている訳ですから、確かにアキレス腱を伸ばすなどのストレッチを繰り返すと老廃物が僅かに出て行きますが、ストレッチだけでは十分に追い出す事は出来ません。

自然形体療法なら微妙な診断と僅かでも溜まっている老廃物を的確に追い出す事が可能なので、その場で痛みが消えて無くなる事も珍しくはありません。

自然形体療法施術例
四国お遍路ブログ
curucuruブログ
くるくるくるぽ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪