リウマチ

リウマチは一般にウイルスにより免疫異常を起こし、自分自身を攻撃してしまう自己免疫疾患が原因であると考えられているようすが、ハッキリとした原因は分かっていません。

DSC09208.JPG

特に女性の30歳代(出産後)~50歳代(閉経後)に多くみられ、関節リウマチにかかると、関節の骨が壊れ、変形して動かし難くなり、酷いと夜中に全身絶え間無い激痛が走ります。

痛みは数年~十年以上も続く事もあり、そして痛みが消えた頃には、手指の関節が変形した状態で固まり、指関節が曲ったまま動かなくなってしまいます。

病院での治療は投薬治療法で、消炎鎮痛剤・ステロイドといったものは、痛みを抑えるけれど、骨の破壊は止められません。

抗リウマチ薬は、免疫を抑える働きをするので、感染症にかかりやすくなります。

近年は骨の破壊を止めさせられるといわれる生物学的製剤を多く使用されるようになりました。

これは・・関節の中の滑膜の炎症は免疫細胞の攻撃で起こり、滑膜を攻撃する時にカイトサインという物質を出して攻撃するので、生物学的製剤はサイトカインとくっつく働きを利用し、滑膜を攻撃されなくして炎症を抑える事が出来るというものですが、薬価が高くて月に50,000円位掛かかる上に、副作用(結核や肺炎などの感染症にかかる)が強い問題があり、しかも一生投与し続ける必要があります。

当院ではリウマチはウイルスや原因不明の免疫異常ではなく、脳の勘違いによる免疫機能の異常で自分自身の体を壊していると考えています。

ですから、破壊中(痛みのある間)に自律神経と会話して、脳の勘違いを止めさせれば、免疫細胞の攻撃は弱まり、痛みは嘘のように和らいで関節の可動域が少しずつ広がります。

体に害のある強い薬を使用する事も無く、痛みも伴わずに症状の進行を止めさせてしまいます。

手の指の関節が曲がってしまう『へバーデン結節』や『ブシャー結節』等もリウマチと同様なもので、テニスをしていたり、管楽器等指先を使っていた人に多く見られますが、関節が固定して固まらないうちに施術を繰り返す事で、症状を無くす事が可能です。

近年極初期段階に治療を行えば、進行を止める事も可能になりましたが、極初期段階の診断は非常に難しいといわれています。

※リウマチ早期発見のポイントは、関節が腫れて傷む、3カ所以上の関節に痛みがある、朝指のこわばりが1時間以上続く等の症状が起こると要注意なので、早目に病院で診てもらいましょう。

※自然形体療法の各先生方の治療では、害のある強い薬を投与しても症状の進行が続いていた方々の指・手首・肘・肩・首・股関節・膝・足首の痛みが初回から和らぎ、動かしやすく改善され、病院で初期のリウマチと診断されていた手首の痛みが一度の施術で消えてなくなった例や、10年間固まって動かなかった指関節が動いて物を掴めるようになった例があります。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪