子宮頸がん&子宮体がんの予防

医学的に・・

子宮頸がんの要因は

大部分の子宮頸がんでヒトパピローマーウイルスに感染する事が子宮頸がんの発生の原因と考えられていて、このウイルスは性交渉により感染するので、初めて性交渉した年齢が低い人や、多くの性交渉の相手がいる人ほど子宮頸がんの発生が高いと考えられていますが、実際に子宮頸がんになる人はウイルスに感染した人の中のごく一部の人に過ぎなく、発がんにはウイルスに感染した人の体質(遺伝子の不安定性や免疫機能)の方がより関係していると考えられています。

子宮体がんの要因は

肥満・糖尿病・高血圧・未婚・遅い閉経(53歳以上)や乳がん・大腸がん等がある人が子宮体がんの危険要因と考えられています。

過去10年間に両がん共に2.5倍に増加していて、がんの中でも異常な増加率となっています。

当院では下腹部のOOが△△になっている事により免疫機能が低下している事が原因との考えで、改善して行き免疫機能を正常な状態に戻して行く事により予防に繋げます。

特に下半身太りが気になる方や冷え症の方は下腹部の免疫機能が低下しているので、要注意です。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪