変形性膝関節症(膝の痛み)

近年膝や膝付近に痛みがある人が急増しています。

特に膝痛の改善効果があるとうたっているコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを含んだサプリメント類は様々なメーカーから数多く発売され、あらゆるメディアを通じて宣伝広告がなされています。

病院を含め、他の治療院では痛みのある部位に原因があると考えてその部位の集中的な治療を行ないますが、現実は膝痛は簡単には改善されずに、病院に通い続けても殆ど変化しないという方が実に沢山おられます。

変形性膝関節症の治療薬としては、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)や解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン)やCOX-2阻害薬等が使用されていますが、これらは痛みを誤魔化す効果だけのもので、飲み続けると胃腸に害が招じるので、ずっと飲み続ける事は出来ません。

また稀にヒアルロン酸の関節内注射で痛みが和らぐ事もありますが、殆どの患者さんがヒアルロン酸注射での効果を感じられていないのが現状です。

またステロイドの関節内注射や強力な鎮痛剤であるオピオイドを用いる場合もありますが、変形性膝関節症そのものを治す事にはなりません。

現に最近の実験結果では、従来から痛みを最も強く感じると考えられている関節軟骨(関節を形成する骨の表面を覆っている薄い軟骨で、その主成分のコンドロイチン硫酸エステルナトリウム)は殆ど痛みを感じない事が判明し、主に痛みを感じるのは、滑膜(関節の内側を覆う結合組織)や膝蓋下脂肪体(膝蓋下脂肪体は膝蓋骨の下で、膝蓋靭帯の内面を底とする滑膜に被われた大きな脂肪体で、前顆間区の上に拡がる)である事が分かっています。

ですから関節包や滑膜が炎症を起こしている場合は明らかに痛くて激痛を伴います。また、慢性的に筋肉が緊張していて、関節がストレスを受けない状態でいる時は痛くないけれど、そこから伸ばしたり曲げたりして行くと、筋肉が過度に緊張を起こして鈍痛を齎したり、強い痛みが出る場合もあります。

靭帯を伸ばされた時に内面のアライメントが強くなると外足の靭帯が伸ばされるので、加重してスラストが起こると外足が痛いという事に繋がりますが、内足烈激の痛みの説明にはなりません。

軟骨下骨や微小骨折による骨髄圧の上昇或いは骨髄浮腫という状態は恐らく長い時間立っていると、じわじわと関節内が痛くなって来るという事に繋がりますが、歩行時の瞬間瞬間の痛みとは違うと考えられており、それは実際には痛みは消えるからです。

骨棘形成による関節周囲の骨外膜や関節包に刺激が伝わる事も痛みとして考えられます。

ですので、いわゆる関節軟骨が削れて、ザラザラして汚くなっているからといって、痛い訳ではないという事です。

実際に関節軟骨が削れて磨り減っているのは、使い過ぎ(歩き過ぎ)ではなくて、殆ど歩かない高齢者に多く見られる事等から、説明に信憑性がありません。

高齢者や歩かないために足を殆ど使わない人の多くは、筋肉が使われないために下腿が外旋(O脚)していて、膝を曲げると内足果が脛骨隆起の内足部分にぶつかりますから、即ち下腿がズレているために、膝の曲げ伸ばし時に関節軟骨を削ると同時に滑膜や膝蓋下脂肪体を刺激して痛みを発生させているのです。

尚、削られた関節軟骨の破片が周囲に飛び散ると、滑膜に吸収されてくっつくので、更に滑膜が炎症を起こして痛みが酷くなって行きます。

一般の整形外科病院では下腿のズレを治すのではなく、骨切り手術や人工関節置換手術等を勧められて日常的に行われていますが、手術後に不調が改善されないという方が数多くいる事も事実です。

当院では、膝痛の根本原因のOOの異常を正して行く事により、下腿のズレなども改善され膝の伸展時における関節軟骨の圧迫も軽減され、内足部分の関節包や滑膜に対する刺激が減るので、長期間病院で治療を続けているにも限らず痛みや不調が改善されない方々が、その場での施術で楽になる事が多く、沢山の方が驚かれています。

DSC05958-thumb-640x480-421.jpg

20年前から変形性膝関節症で、痛くてビッコをひかなければ歩けなかった女性。

当院に毎日に通われた結果ウォーキングを40分間行なっても痛くなくなり、日常生活に何の問題もなくなりました。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪