緑内障

緑内障とは目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧のために、視神経が障害され、視野が欠けてくる病気です。

一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわれていまが、実は、緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気です。

緑内障の直接的な原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず、眼球内の圧力が高くなる事ですが、緑内障の直接の原因が眼球内の圧力が高くなったためとはいえ、ほとんどの緑内障患者はなぜ眼球内の圧力が高くなったのかという正確な原因が不明なのが現状です。

 

 

DSC02660.JPGのサムネイル画像

当院ではOOや✖✖△△を改善して行く事により、適正な眼圧に戻して行き、ゆっくりと障害を受けている視神経を健康な状態に近付けて行きます。

緑内障治療で眼科に通院している方で、当院の治療を受け続けた結果、眼科医から『自然に緑内障が治っているので、お薬を出す必要がありません』と言われました。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪