ラルセン病

スポーツ活動により大腿四頭筋からの過剰な牽引ストレスを受け、膝蓋骨下端、脛骨粗面に軟骨障害を生じ、Sinding-Larsen-Johansson病(ラルセン病)、と言われています。運動中、運動後の痛みで始まる事が多く、障害が進行すると階段昇降等の日常生活にも支障を来すようになります。

運動により、力を入れるという外力が原因とされていて、原因治療として運動量を減らす等の安静処置が必要といわれています。

程度がひどいとギプスが必要な事もあります。

病院では消炎鎮痛薬を内服する事もあります。

また温熱治療・低周波刺激により血流増加、筋肉のリラクゼーションをはかることも症状軽快に向けて有効といわれて、その類の治療が盛んに行われています。

局所の熱感が有るときはアイシングして炎症を落ち着かせる事も行われています。

自然形体療法では原因は痛みの出ている膝ではなく、OOが✖✖していると膝蓋骨周囲にかかる張力が高くなっている結果、膝に痛みが出ているとの考えなので、原因を改善して行くとその場で痛みが変化してしまいます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪