閉塞性動脈硬化症

喫煙、塩分過多、高血圧、肥満、糖尿病、運動不足等により動脈硬化が進行すると、特に足では動脈の閉塞により、動脈が細くなったり塞がったりして、足の冷え、痺れや、歩くと下腿の筋肉が痛くなる症状が現れ、症状が進行すると安静時の疼痛や潰瘍、壊死等も起こります。

薬物療法では

抗血小板薬、末梢血管拡張薬、抗凝固薬などを投与します。

血管内療法では

バルーン法・・・風船の付いた細い管(バルーンカテーテル)を血管の中に入れて風船を膨らます事で血管を広げ、血流の流れを改善、維持させます。

ステントの挿入・・・ステントと呼ばれる器具を血管の中に入れて、血管の内側から支える事で血管が狭くなるのを防ぎ、血流の流れを改善、維持させます。

アテレクトミー・・・器具で血管の詰まった部分を削り、血液の流れを改善します。

手術療法では

バイパス手術が行われていて、人口血管や自分の静脈を使って新しい血液の道(バイパス)を作り、血液の流れを保つ手術を行います。

自然形体療法では症状がある人の多くが運動不足等で足のOOがOOしていて血管を圧迫している事にも着目し、そのOOを取り除いて行く事で、血管が圧迫から開放され、血管のバイパスが作られやすくなり、自ら血液の流れが正常な状態に戻して行くように改善して行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪