骨盤(腸骨稜)の開き

下腿の腸脛靭帯の緊張は骨盤の腸骨稜を開く方向に作用します。

骨盤の腸骨稜が開くと、仙腸関節の上半分が開く事になるので、腰部(仙骨上部)が重い、だるいといった不快感を発生します。

長い時間立ち仕事をしていて腰が重くなるとか、長い時間座っていて仙骨上部が重くなって来るのは、まさに骨盤の腸骨稜が開いて来るために起こる問題です。

また骨盤の腸骨稜が開いていると外腹斜筋、内腹斜筋、腹膜筋等が使われ難くなっているために、ウエスト側面に脂肪が蓄積しやすくなる等、その他の様々な問題も同時に起こりますが、この場合の骨盤の腸骨稜の開きの原因は骨盤自体にはなく腸脛靭帯にあるので、腸脛靭帯を正常な状態に戻して行く事により骨盤の腸骨稜の開きも元に戻して行き、不快感などの不調やウエスト側面に蓄積している脂肪を排除しやすい状態に改善して行きます。

 

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪