つき指

指先に何かが当たったり、何かを突いたりして、強い力が加わった事で、指先を伸ばす腱が傷付いたり、切れてしまうもので、腱の付け根が剥離骨折を起こす場合もあります。

痛みや変形があり、指先は曲がったままになり、他の指を使って伸ばす事が出来ても、突いた指そのものを伸ばす事は出来ません。

病院での治療は、突いた指をアイシング(冷やす)して、指を伸ばした状態で添え木を当てて固定し、自然に回復するまでそのまま放置するだけです。

自然形体療法では、指を突いて痛めている患部を冷やしません。

患部が腫れているのは、血液が集まって来て修復しているのであり、痛いからといって冷やすと、修復を妨害する事になり、痛みが和らいで楽に感じても、結果的には回復が遅れてしまいます。

突いた指が痛みを伴うのは、突いた指をかばうために他の部分のOOがOOして助けているためで、OOしているOOを解放する事により、つき指の痛みはその場で消えてしまいます。

また、痛めているOOの異常な変形を修復し、関節にOOがある場合はOOを修整し、捻挫と同様に関節の曲げ伸ばし時に痛みが発生する症状が出る場合は、関節の曲げ伸ばし時に発生する痛みを消してしまいます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪