更年期障害

女性の性成熟期(生殖期)から老年期(非生殖期)へり移行過渡期の事を更年期といい、その時期におこる精神的、肉体的な様々な症状の事を更年期障害といいます。

更年期はだいたい40歳代半ばくらいに迎え、50歳代半ばくらいまで続くというのが普通です。そしてその途中で閉経を迎えますが、閉経の平均年齢は50歳くらいです。

但し早い人で40歳くらいと個人差があります。

更年期に入ると卵巣の働きが低下し、月経不順、月経血の減少或いは増加、時には不正出血がおこり、やがて閉経を迎えます。

これは老化によって、卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステン)の分泌が減少、消失するためで、エストロゲンの減少は視床下部の性中枢に作用し、その近くの自律神経中枢への影響によって自律神経失調症がおこります。

またこういったカラダの変調期に外的な要因が加わると、更年期障害の症状にいっそう拍車がかかります。外的要因とは閉経や老化に対する不安、夫婦不和、体力的な衰えといった心理的なストレスで、これらは丁度更年期の頃に抱える悩みでもあります。

症状は明らかな器質的疾患がみられないのに、様々な肉体的・精神的自覚的症状がある事を不定愁訴といい、更年期特有の不定愁訴症候群を更年期障害といっています。

不定愁訴の不快感は本人以外には分からりづらく、それだけに周囲の理解が必要となります。また、本人自身も、更年期障害というものが誰にでも訪れる生理的なものであるという事を理解、納得して、割り切った気持ちで迎え、過ごす事が大切です。

更年期障害は、具体的には次のような症状がおこります。

『血管運動神経障害』 熱感(ほてり・のぼせ)、動悸、肩こり、頻脈、遅脈、高血圧、低血圧、冷え症など。

『精神神経障害』 痛、頭重感、めまい、立ち眩み、不眠、耳鳴り、不安感、恐怖感、気力減退、集中力後退、むら気、記憶力の低下、圧迫感など。

『運動器系傷害』 腰痛、肩こり、関節痛、坐骨痛、筋肉痛など。

『知覚系傷害』 痺れ感、知覚鈍麻、知覚過敏、蟻走感など。

『泌尿生殖期系傷害』 頻尿、排尿痛、稀発月経、不正出血、膣の萎縮症状、性交傷害など。

『皮膚分泌系傷害』 皮膚の衰え、発汗、口内乾燥、唾液分泌過多など。

『消化器系傷害』 吐き気、食欲不振、下痢、便秘など。

その他疲労感が以前よりも増したり、腹痛や膣炎といった症状が現れる場合もあります。

更年期の不定愁訴は、何の症状もあらわれないまま更年期を終える人もいれば、おこっても症状の軽い人、重い人と個人差があります。

そしてこのような症状は突然おこるので、最初は戸惑う人も少なくありません。

また天候や周りの状況など環境にも左右されやすく、日々症状が違う場合もあります。

病院では、更年期に入ると卵巣の機能が衰えるために、月経不順や月経血の増減や不正出血などの症状が本当に更年期に伴う変調なのかどうかを見極め、月経異常は子宮癌や子宮筋腫など、他の婦人科系の病気かどうかもきちんと検査します。

現在盛んに行われているのはホルモン補充療法といわれるもので、少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを長期間投与する方法です。

検査の結果、自律神経性の失調症ではなく心因性のものであると分かった場合は、心理療法(カウンセリング)を行なったり、精神安定剤或いは自律神経調整薬の投与が行われています。

自然形体療法では、カラダが全体的、或いは部分的に硬直していたり、左右のバランスの違いや歪みなどの不調があると、卵巣ホルモンや黄体ホルモンの減少をうまく受け入れないために様々な症状がおこります。

それらのカラダの不調を正して行く事により、更年期障害による様々な症状が改善されて行きます。

中には症状が重くて、最初は手足や背中~腰などに硬直が残って全身を緩められない場合もありますが、何度も施術を続けて行くうちに徐々にカラダが楽になって来て必ず変化して行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪