歯周病

歯と歯肉の境目である歯肉溝に、歯垢や歯石が溜まり、歯周病細菌が歯肉に入り込むためにおこると考えられています。

歯肉が赤く腫れ、触ると激しい痛みがありますが、歯そのものには異常はありませんが、硬いものを噛んだり、歯を磨いた時に出血があり、口臭を伴う場合もあり、長期間放置しておくと、歯槽膿漏の原因になります。

病院での治療は歯垢や歯石を除去し、その後は口腔内を清潔に保ち、口腔用軟膏を塗るようです。

当院では健康な人の場合は歯周病細菌が歯の周りに付くと、カラダを守る反応がおこりますが、ストレスが強い生活が続いている人の場合は、カラダを守るる反応がうまく行かなく、歯周病細菌が増殖するものと考えています。

歯周病細菌は殆どの人の口腔内に存在している事や、歯周病になりやすい人は毎日の歯磨き回数には関係ない事や、歯周病になり難い人はカラダの免疫機能がしっかりしていて、他の病気にもかかり難いなど、副感神経優位の状態でいる事が歯周病の予防に繋がると考えているので、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態に変えて行く事により、歯周病も予防出来てしまいます。

※最近放送された、たけしのみんなの家庭の医学で、山梨県民に極端に歯周病が少ないのはストレスが少ない事が関係していると紹介されました。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪