産後太り

産後急に太りだしたとか、産後に下半身太りになったとかの経験者も多いと思います。

別に食べる量が変わった訳でもないのに、太る原因に心当たりがないという方が殆どです。でも本当は何かが変わっているのです。

確かに骨盤が歪んでいたりずれているのも原因の一つですが、それ以上に殆どの人が気付いていない大きな原因があります。

骨盤矯正ダイエットや肥満の項にも述べたのですが、その原因はカラダを動かさなくなったからです。つまり妊娠中は激しい運動をしたりカラダを無理に動かしたりする事がなく、また臨月に近くなるに従って、カラダを動かさないでじっとしているいる状態が長くなって来ます。実は出産後も、その状態を脳が間違って記憶してしまっているのです。

カラダを動かさないでいると、使われていない筋肉は伸ばされる事がないために縮んだ状態が長く続き、萎縮して硬くなってしまいます。そうなると、今度はその筋肉を使おうとしても、無理に伸ばさない限り伸びないから使えなくて、妊娠前と比べると使う筋肉の種類が激減しています。

そのために代謝量が減り、使わない筋肉の近く、つまりお腹から下半身に脂肪が付き太る訳です。

当院では骨盤の歪みや開きやずれを修正すると共に、萎縮や硬直している個々の筋肉を萎縮や硬直から解放し、軟らかく使いやすく改善する事により、自然にカラダはいろんな方向に動かしやすくなり、日常生活のごく普通の動作の中だけでも代謝量が増えて太り難くくなるように改善して行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪