精力減退

精力とは活動の源であって、生きる力でもありますが、それが減退すると性欲がおこらなくなってしまいます。

勿論男性だけの問題ではなく女性も同じ事です。

精力減退は中高年の加齢による老化現象だけではなく、最近では若い人でもセックスレスの夫婦が増えて来ているといわれ、カラダの機能には全く問題がないにもかかわらず、性欲が減退してしまっているのです。

現代はストレス社会ともいわれていて、このストレスが最大の原因と考えられています。

最近はスッポンとか赤マムシなどを原料とした精力剤は錠剤や栄養ドリンクなどが各社から多数発売されていますが、効果があったという事を殆ど耳にした事がありません。

ある整体法では精力の減退は、肺などの呼吸器系の機能の低下に原因があると考えられていて、肺に関連する頸椎の3、4番が係わっていると思われているようです。

自然形体療法ではストレスを感じるとカラダは自然にOOをOOさせて防御態勢になり、この状態が頻繁に続くと常に交感神経優位の状態になっているので、リラックス出来なくて性欲がおこらなくなっていると考えているので、OOしている様々なOOを正して行き、骨盤を含めたカラダのOOも修正する事により、カラダにとって最も良い状態の副交感神経優位の状態に替えて行き改善して行きます。

中々他人には話し難い問題ですが、気軽に相談して下さい。

 

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪