骨盤矯正

『私の足は左右どちらが短いですか?』とよく聞かれる事がありますが、そういう方はカイロや他の整体に行った時にそういう風に見た目の足の長さだけで骨盤の歪みを判断された事があるらしいです。

自然形体療法では、見た目の足の長さは股関節の歪みや筋肉の緊張の違いによって差が生じるものですから、実際の骨盤の歪みとは関係ないものとして考えていて、当院では見た目の足の長さに違いがある場合は仙骨調整法でそろえてしまいます。

まして、カイロや他の整体でよく使われているように骨盤が左右に傾いている為に、その上の背骨が逆に歪んでいて、更に左右の肩も上下に歪んでいるという方は非常に稀です。

自然形体療法の骨盤矯正は骨盤そのものを検査します。つまり骨盤の前側は骨盤の前方上側の出っ張った骨、ASIS上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)の前後と上下の歪みを検査します。

骨盤の後側は腰の少し下付近にある出っ張った骨、PSIS上後腸骨棘(じょうごちょうこつきょく)の前後と上下の歪みと、坐骨の上下の歪みの検査をします。

つまり骨盤は単純に左右に傾いているのではなく、実際は前後、上下、左右と三次元的に複雑に歪んでいます。

殆どの方の場合はASIS上前腸骨棘が下に下がっている方のPSIS上後腸骨棘と坐骨はは上に上がっていて、カイロや他の整体で指摘されるような骨盤が左右に傾いているというような単純な問題ではありません。

人が2本の足で歩く時に骨盤は前側が下がれば後側が上がるというように、一歩一歩骨盤をずらしながらながら歩いています。でも静止状態になった時が基準となりますから、静止状態で骨盤がずれている人は骨盤がずれている状態から更にずれながら歩いているという事になります。

骨盤がずれている場合不思議な事にずれている方向にはよりずらしやすいですが、そろえる方向に力を加えてもビクとも動きません。

それは骨盤(骨)が勝手に歪んでいるのではなく、何かがしやすいように脳が骨盤を動かす筋肉を縮めるように命令を出し続けているから歪んでいるのであって、骨盤が勝手に歪んでいるのなら気付いて自分で修正する筈です。

つまり、何かがしやすいように・・・例えばゴルフで同じ方向ばかりにカラダを捻ってグラブを振っていると、グラブが振りやすいように骨盤が歪んで捻じれてしまいます。ゴルフでグラブが振りやすいようにカラダが適応する訳です。

そういう方の骨盤を無理矢理に修正すると、せっかくゴルフクラブが振りやすく適応しているのに、ゴルフクラブが振り難く歪められたという事になり、脳はすぐさま元のゴルフクラブが振りやすいような歪んだ骨盤に戻してしまいます。

ですから歪んだ骨盤を矯正する場合には時間をかけて骨盤を歪めている内部筋肉の緊張を解くように働きかけます。

すると今まで修正する方向にビクとも動かなかった骨盤が動くようになり、後は普通に歩いているだけで勝手に修正されてしまいます。

骨盤は左右後方の仙腸関節と骨盤の前方下側の恥骨結合の3ヶ所で繋がっていて、仙腸関節はよく動きますが、恥骨結合は一度結合するとずれる事は殆どありません。

しかし広い面で繋がっている仙腸関節と違って恥骨結合は一点で繋がっている事と、恥骨結合が左右の骨盤(腸骨)の動きの中心点となる為に、ほんの1m程度のずれが生じていてもカラダ全体に対しては大きな影響を与えてしまいます。

普通骨盤は内部にある靭帯により骨盤が開かないようにしっかりと固定されています。出産時に女性はホルモンが分泌されるので内部靭帯が緩み骨盤が開いて産道が出来て赤ちゃんが出て来る訳ですが、出産後はホルモンの分泌が止まるので開いた骨盤は内部靭帯により再び元に戻ります。

しかしこの時にピッタリと同じ位置に戻るとは限らずに恥骨結合がずれてしまったり、少し隙間が空いた状態で固定される事があります。

一般には出産(自然分娩)経験者の7割の女性に恥骨結合のずれや開きがあるといわれています。恥骨結合のずれや開きがあると、産後太り、尿漏れ、恥骨痛、腰痛、股関節痛、ゆるみ、感度低下など様々な不調が生じる場合があり、一般の骨盤矯正では検査しない恥骨結合もきちんと検査して矯正致します。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪