喘息

一般に喘息は気管支のアレルギー性の慢性炎症と考えられています。炎症の為に気管支が刺激に敏感になり、空気が流れ難くなる結果、ぜーぜーや咳をして息がし難くなると考えられています。酷くなると肩で息をして苦しくて横になれずに顔色が青白くなって汗が出ます。

治療には周囲の人達がタバコを吸わないなどの環境作りも必要だといわれています。

自然形体療法では上半身の特定の部分のOOにより気管支が影響を受けて呼吸し難くなっていると考えています。

従って上半身の特定の部分のOOを正す事やOOの動きを良くする事で、呼吸がしやすく改善されてしまいます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪