裂肛(切痔)

便秘で排便時にいきんだり、下痢で何度も排便する事などが原因で肛門の粘膜が切れるものです。特に肛門の後ろの粘膜は柔軟性かあまりなく、この部分が切れる事が多いようで、排便時に激しい痛みと出血がおこります。

病院では、座薬や軟膏を使用したり、切れただけなら簡単な手術を行なうようです。

内痔核・外痔核(疣痔)

静脈がうっ血して、肛門の内側に疣のような腫瘤が出来るものです。直腸と肛門の境目には歯状線という部分があり、これよりも上に位置する直腸は痛みを感じませんが、下に位置する肛門は痛みを感じます。内痔核は歯状線よりも上に出来るもので、外痔核は歯状線よりも下に出来るものです。

原因は便秘や下痢で肛門に強い負担を与える事や、立ったままや座ったままで下半身の血行が悪くなる事や、暴飲暴食、妊娠、出産なども原因と考えられています。

症状は排便時に痛みを伴わない出血があり、進行すると排便時に痔核が肛門の外に脱出しますが、排便が済むと中に戻ります。更に増悪すると痔核は脱出したままになり、痛みも強くなります。内痔核と共に肛門の上皮まで外に出て来るものを脱肛といい、出血したり、残便感や不快感があります。

病院では軟膏や座薬、内服薬などの薬物療法の他に注射や手術などの外科的療法が行なわれています。脱肛になった場合は手術をしなければ治らないようです。

自然形体療法では裂肛も痔核も肛門付近の血流が悪くなる事が原因との考えで、血流が悪くなるのはOOのある部分に原因がある事が分かっているので、その部分を正常な状態に整えて行く事により、血流を良くして改善して行きますし、根本原因の血流が良くなると、今後何度も痔を繰り返す事がなくなります。

 

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪