甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、全身の基礎代謝や新陳代謝を促したり、蛋白質の合成促進などの作用をします。この甲状腺ホルモンはいつも一定の濃度に調整されていますが、何らかの原因で分泌が過剰になると血中の甲状腺ホルモン濃度が高くなりすぎて甲状腺機能亢進症となるといわれています。

甲状腺機能亢進症の原因で最も多いものがバセドウ病ですが、他には亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎なども原因となるみたいです。

外部から侵入した非自己の物質に対して反応がおきるのが免疫ですが、体内に最初からある物質を誤って非自己と認識して抗体を作る場合があります。

これを自己免疫といい、バセドウ病はこの自己免疫が原因でおこり、血液中に甲状腺刺激物質(抗体)が増えて、甲状腺の働きが活発になりすぎて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうのです。

バセドウ病は20代から30代の女性に比較的多い病気ですが、男性にも少なくなく、あらゆる年齢層に発表します。

甲状腺が腫れ、動悸がし、脈拍数が増え、眼球が前方に突出し、物が二重に見えたりする事もあります。

新陳代謝が活発になりすぎてエネルギー源を消費するのがこの病気の特徴ですから、食欲が増して良く食べるのに、体重が減って来ます。

同じ理由で脈が早くなり同派がし、発熱や発汗、疲労感や脱力感、神経過敏、不眠、月経異常、下痢、喉の渇きなどが現れて来ます。

じっとしていてもまるで運動している時のような変化が現れて来ます。不整脈がおこる事もあります。

病院での根本的な治療法はありません。抗甲状腺剤を使用したり、放射線ヨードを内服したりして、甲状腺ホルモンの生成と分泌を抑える治療が行われていたり、甲状腺を部分的に切除する手術も行なわれます。

自然形体療法では、カラダの特定の部分に問題があり、免疫異常がおきているとの考えで、特定部分の問題を解決して行くとともに、甲状腺付近も少しずつ健康な状態に戻して行き、免疫機能の異常を正して行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪