蕁麻疹(じんましん)

一般に、原因としては蕎麦や肉や魚などの食物や、薬剤、ダニやカビなどによるものや、寒冷温暖、機械的刺激、心因性のものなどがあると考えられていますが、大半の原因が不明です。

蕁麻疹になると現れる膨疹は円形や楕円形などを始めとして様々な形や大きさがあり、盛り上がっていたり、平坦であったりします。

現れた湿疹は普通は数時間以内に消えますが、また新しいものがどんどん現れるところが普通の湿疹と違うところです。

全身に沢山出来ると皮膚の症状だけではなく、発熱や下痢をおこす事もあり、1ヶ月以上経過しても反復して現れる場合は慢性となります。

病院での治療は、原因になるようなものは全て避けるようにして、抗ヒスタミン剤を使用するようです。

自然形体療法では、疲労や寝不足などから来るカラダの疲れによる免疫力の低下なども関係しているとの考えで、カラダ全体のOOをOOするとともに、副交感神経が優位な状態に変えて行き、免疫力をUPさせて、自然治癒力を高めて自然に改善させて行きます。

但し、カラダ全体に湿疹が出ている場合は、病院での治療をお勧めします。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪