子宮筋腫

子宮に出来る良性の腫瘍の事で、卵巣ホルモンの作用が原因ではないかと考えられています。

子宮の筋肉内に筋腫核という筋腫の芽のようなものが発生し、卵巣ホルモン(エストロゲン)の働きが活発になる20代~50代にかけて大きくなるとされています。

30代以上の女性の約2~3割、5人に1人以上が大なり小なりの筋腫を持っているといわれていて、特に40代は要注意です。

大きさは大小があり、小さいものは小豆状、大きなものは成人の頭ほどにもなり、大きなしこりはおなかの上からでも分かります。

症状としては、過多月経、不正性器出血、便秘、下腹部痛、不妊などがあります。

病院では子宮癌などの他の病気でない事を確認し、治療としては手術をしますが、筋腫が小さくて日常生活に支障がない場合や更年期前後の人には手術をしない場合があるようです。

過多月経や内臓の圧迫、不妊解消などのために手術を行う場合は、子宮全体を取る子宮全摘出手術と、筋腫のみを取る子宮筋腫核手術の2通りがあります。

自然形体療法では、痛みを伴わない数種類の手技だけで施術する事で筋腫の腫れを段々小さくして行くことが可能です。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪