歯の痛み・痺れ・虫歯の痛み

虫歯は歯の噛み合わせ部分や、歯と歯の間や境目などに溜まった歯垢が作り出す酸によって、表面のエナメル質が溶かされるためにおきます。

虫歯の進行状態によっても異なりますが、エナメル質が溶け始めた初期の段階には痛みは殆どありませんが、エナメル質が溶けて出来た穴が象牙質まで達すると痛みを感じ出します。でもこれも一時的なもので、暫くすれば治まります。

更に虫歯が進行すると歯髄にまでおよんで歯髄炎、歯根膜炎をおこし、熱を帯びたようにズキズキと重苦しい痛みが持続するようになります。

手技で虫歯を治療する事は勿論不可能ですが、自然形体療法では、日によって虫歯や他の原因での歯の痛みがある日と全くない日がある事に着目し、カラダの特定の部分の異常で、特に異常が強い日に歯の痛みを感じる事を発見しました。

ですから虫歯を含む我慢出来ないような強い歯の痛みも改善出来てしまいます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪