オスグッド・成長痛

膝から下の下腿骨は2本あり、太い方の脛骨の膝側には脛骨結節があります。

サッカーやバスケットボールのように激しく膝を使うスポーツなどを続けると、この結節部分が腫れたり骨が異常を起こすと考えられていて、10~13歳くらいの成長期の子供によく発生し、運動をしたり正座をすると脛骨結節が痛み、膨らんだ部分を押しても痛む事があります。

病院ではこれといった治療法がなく、スポーツが原因と判断すれば、そのスポーツを止めるように指示し、湿布や消炎鎮痛剤で痛みを軽くする対処療法が行なわれているだけで、成長期が終わり成長が止まると自然に完治すると考えられている為に、治療は殆ど行なわれていないみたいです。

 自然形体療法では、成長期に無理な運動を重ねた結果、カラダの回復が間に合わずに筋肉が異常に疲労して筋肉がうまく使えない為に関節の本来の動きが出来なく、その結果負担がかかる部位に痛みが発生すると考えていますから、成長期が終わるまで待たなくても、筋肉の異常を解消する事により関節の本来の動きを取り戻し、痛みなく運動を行えるように改善して行きます。

また、膝直下の部の付き出ている骨は、靭帯に負担がかかり、靭帯が異常を起こしているので、靭帯の異常を修整する事により、骨の突き出しも改善出来て行きます。

当院の治療例では、オスグッドで訪れた全員が一度の施術で痛みが軽減し、10分程の施術で全く痛くなくなった施術例があります。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪