顎関節症

噛み合わせが悪かったり、必要以上に強く噛みしめて顎に過度の負担をかけた場合などに起こる顎関節の機能障害です。

症状は、ものを噛んだり口を大きく開けたりした時に両耳の穴のやや前方にある顎関節部に関節が擦れるような異常な雑音を伴う痛みがあります。

また人によっては顎関節部の異常だけではなく、頭痛、めまい、吐き気などの症状を訴える場合もあります。

一般に治療としては、顎に負担がかかる硬い食べ物を避けて、噛み合わせの調整や温熱療法、電気刺激療法など、必要に応じた理学療法が施されているみたいです。

薬剤は抗炎症剤が用いられます。

当院では顎関節症の原因は頭蓋骨の歪みや習慣的な顎の使い方、姿勢、慢性的な筋肉の緊張によるものと考え、頭蓋骨の歪みを修正した上で筋肉の緊張を解消して行くと共に正しい顎の動きを再学習して頂く事により、顎の本来の動きを取り戻す事で痛みも少なくなって行きます。

 

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪