打撲による細胞の潰れ

打撲とは、転倒やものに強くぶつかるなど体外からの力による、傷口を伴わない軟部組織の損傷をいい、主な損傷部位は皮下組織と筋肉であるため、全身のあらゆる部位に起こります。

損傷が軽いと組織は修復されますが、その際、修復に必要な酸素やさまざまな物質は血液を介して損傷部に運ばれ、通常以上に血のめぐりがよくなります。

これに伴い、損傷部がはれたり、赤みを帯びたり、熱感があったりして炎症を起こします。

損傷が激しくて組織が潰れてしまった場合は、その組織は修復されずに潰れた状態が暫く続き、新たに新しい組織と入れ替わるまでは痛みが続きます。

自然形体療法では、潰れてしまった組織をその場で復活させる事が出来、潰れた組織を復活させると痛みもその場でなくなってしまいます。
 

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪