頸椎椎間板ヘルニア

右または左の肩から腕に痛みと痺れ、或いは脱力感がおき、首が動かせないほど痛む事があります。

髄核が後方にはみ出た場合は脊髄をじかに押すので、胸から足まで痺れが広がり、階段でつまづきそうになったり、脚が突っ張るような歩行障害をおこします。

病院では基本的に腰椎椎間板ヘルニアと同様な治療が行われ、保存的治療で症状の改善がない場合は、手術的にヘルニアの摘出・椎体の固定も行われます。

自然形体療法では腰椎椎間板ヘルニアと同様に頸椎椎間板ヘルニアの手法が確立しているので、痛みを伴う事なくヘルニアを元の健康な状態に戻して行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪