鼠径ヘルニア(脱腸)・膣ヘルニア・子宮脱

腸管が腹膜に包まれたまま、鼠径部に脱出した状態で、鼠径部の弱くなっている所から脱出しやすく男子なら陰嚢まで達し、女子は股関節部に脱出します。

また女性の骨盤内には子宮があり、子宮が膣から飛び出してくるものを子宮脱と呼ばれていて、出産や閉経後のホルモン環境の変化によって起こりやすくなりますが、他に肥満やお腹を締め付けるコルセットの使用や、重いものを持つ仕事は症状を悪化させる原因となります。

ヘルニア自体は危険な病気ではありませんが、脱出した腸管が締め付けられて血液が通わなくなると、腸管が壊死をおこします。

そのために腹痛、吐き気、嘔吐などが現れるので、ただちに手術が必要とされています。

自然形体療法では、腸が押し下げられてヘルニア(飛び出し)がおきている事から、内臓全体が上に上がり元の位置に戻りやすいように、肋骨から調整して行きます。

ヘルニアも無理矢理に押し込むのではなく、自然に元の位置に戻るように導く事により、痛みなく自然にヘルニアが解消されて行きます。

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪