自然形体療法

傷みや不調部分の神経伝達を一時的に遮断したり(痛み止め)、外部の力により解決しようとの考えの現代医学とは異なり、その痛みや不調になっている本当の原因を体に害のある薬などを使わず、そのままの状態で体に害のない手技だけで元の健康な状態に戻して行く事により、傷みや不調が無くなり解決してしまいます。

自然形体療法とは?

img_course_s1.jpg

原因不明とされていた諸症状の原因を世界で初めて解明し、即効性のある治療法として開発されたのが自然形体療法です。
「手だけ」を使って優しく痛みも無く治療するので、身体にとって自然で無害、安全な治療法なのです。
痛みを我慢する必要はもうありません。


自然形体療法のポイント



本当の健康な状態へ戻していく根本療法

その場だけ楽になったように感じさせる一般的な対処療法とは違い、本来の健康な状態に戻して行く根本療法です。自然形体療法は、創始者・山田洋先生によって考案された、自律神経と対話しながら、痛みや症状の原因を根本から取り除く、再発の可能性が非常に低い施術法で、西洋医学、東洋医学にも属さず、針・灸・マッサージ・カイロプラクティックやその他の整体とも異なる、全く新しい療法です。
 原因不明とされていた様々な諸症状の原因を世界で初めて解明し、即効性のある施術法として独自に開発され、『手法』だけを使い、短時間で、優しく、痛みのない施術を行うので、身体に自然に受け入れられ、しかも無害で副作用や揉み返しや筋肉痛などが発生しません。痛みを怖がる小さなお子様から骨の弱い高齢の方、妊婦さんや出産直後の方、痛い事が苦手な方や初めて施術を受けられる方でも安心して受けて頂けます。


体が嫌がる事は一切致しません

 一般の整体では体の歪みやずれを、力と速度を使って強制的に手技で直しています。施術院によっては、体や首を無理に捻じって、骨をボキッと音を立てる手技を施しているみたいですが、この時に聞こえる音は、骨の歪みやずれが矯正された時に生じる音では無く、単に首の骨や背骨の椎間関節が捻られた時に擦れて出た音で、しかも、神経の流れに害になる骨の動きによって生じています。
 最近は『ボキボキしません』とか、『ソフトタッチで施術します』とかの施術院の広告が増えていますが、実際は力で無理に矯正して歪みを正している事には違いありません。
 また患者さんが、『次に痛い事をされる、ちょっと嫌な事をされる』と勝手に思うだけでも、体は身構えてしまい、せっかく整えた骨格は再び歪み、体は緊張してしまいます。ですから自然形体療法は、力と速度を使って骨格を矯正したり、体に触れる瞬間から離すタイミング迄、受け手が嫌がるような事は一切行ないません。


病院の薬や注射よりも早く回復???

 病院で診断して、処方してもらったお薬(例えば風邪薬)を呑むと一先ず安心しますが、それで病気(風邪)が治る訳ではありません。大部分のお薬は対処療法薬といって、症状を和らげる(鼻水を止めたり咳を止めたり)事だけを目的としたお薬で、症状が和らぐと何故か病気が治ったように思います。取り合えずお薬で表面の症状だけを和らげて、後は患者さんの自然治癒力に任せて、病気が自然に治るのを待つのです。
 ところがウイルスを追い出すために出している風邪の症状を止めるとウイルスは増え放題になり、益々風邪は悪化してしまいます。肝臓は、体内に入って来た薬の成分を分解する事が最優先になり、肝心の体の疲労回復は後回しにされて、その結果自然治癒力(免疫力)が低下してしまいます。幾ら癌病巣を手術で取り除いても、抗癌剤で叩いても、放射線で焼き殺しても、その副作用で自然治癒力が低下すれば、残された癌細胞は再び勢力を取り戻します。これはどんな病気でも同じ事、本来は自然治癒力の働きを良くして、自分自身で早く回復するような手段を行なうべきではないでしょうか?
 体の各痛みを柔らげる痛み止めの注射や膝痛のヒアルロン酸注射は一時的なもので、決して傷みの根本原因を取り除くものではありません。  自然形体療法は、根本の原因を解決して、痛み(症状)を緩和すると同時に、自然治癒力を高めて回復を早めます。ですから、病院で処方されるお薬(対処療法薬)だけよりも早く回復される方が沢山いらっしゃる訳はそういう事なのです。


改善レベルの考え方が全く違う

頭痛で病院へ行ったら、何をしてくれますか?
 MRIの撮影検査でも明らかに重大な異常が映っていなければ、頭痛薬と称して痛み止めの鎮痛剤を処方してくれる位です。病院側も頭痛薬を飲んで、痛みが一時的にでも治まれば、それで如何にも治したかのように思っていて、『暫くは様子を見て、また痛くなったら来て下さい』と言われる位です。
 風邪も同様。風邪にかかり、鼻水が酷くて病院に行けば、鼻水を押さえる薬だけではなく、咳や咽喉の痛みを押さえる薬まで処方してくれます。病院側は、何れそういう症状も出る可能性があるからとの考えなんでしようが、しかし関係の無い薬の為に、その副作用で内臓の働きが阻害されて、酷い便秘になったりする事もあります。そしてそれは頭痛の鎮痛剤と同じく対処療法薬ですので、鼻水だけを幾らか押さえるだけの効果薬であって、決して風邪そのものを治す薬ではありません。
 肩こりでマッサージやカイロや一般の整体院に行けばどうですか?
 心地良い力加減で筋肉を緩めて、こりを深部から気持ち良く解しますと良く言われます。行なう側もそれで凄く改善出来たと満足されているようですが、決して"なおった"訳ではありません。それは肩こりは必ず再発するからです。時によれば、以前よりも酷い状態で再発する事も少なくなく、頻繁に治療に通うようになり、行く度に強い刺激を求めるようにと、実際は治るどころか、逆に悪化し続けている事に気付かない患者さんが実に多いのが現実です。
 自然形体療法では楽になるのは当たり前で、再発しなくなる事を目指して施術していますから、頭痛はその根本原因を突き止めて改善し、肩こりもこりを改善するのではなく、こる原因を無くしてしまうので、一旦健康な状態に戻ってしまうと、肩こりが酷くなる度に通う必要がなくなります。


あなただけの施術方法

 一人一人じっくり向き合って、良くなる答えを導き出して行き、その日のあなたの状態に合わせた最良のオーダーメイド施術を行います。



施術の服装

 上下とも動きやすいジャージまたはTシャツのような薄地の服装でお願いします。
 こちらで着替えて頂く事も可能です。
 ガードル・ボディースーツ・きついブラジャー・レギンス・ストッキング等体を締め付ける下着類は施術の妨げになりますので、ご遠慮下さい。


お持物

・手ぬぐいサイズのタオル一枚
 (施術の際に頭の下に敷いて頂きます)
・はき替え用の靴下一足
 (足から顔まで触れるため、衛生上協力して頂いています)


改善出来るのはどんな症状?

部 位 症 状
頭・顔・首 小顔・頭蓋骨矯正、頭痛、脳梗塞後遺症 、顔面痙攣 、目の不調、緑内障、ものもらい、耳の不調、耳なり、メニエール病、中耳炎、鼻の不調、蓄膿症(副鼻腔炎)、頬の腫れ、歯の痛み、顎関節症、顎の歪み、首の痛み、首の張り、ムチウチ、頚椎椎間板ヘルニア、寝違え、咽喉の痛み、吹き出物、ニキビ症
腕・手・肘・手指 手・腕の痛み、痺れ、腕の打撲、肘の痛み、野球肘、テニス肘、手首の痛み、腱鞘炎、ガングリオン、手指の痛み、手指の冷え、突き指、手のしびれ
肩・胸・背中・腹 五十肩、肩の痛み、肩こり、野球肩、肩の亜脱臼、脇の痛み、胸のしこり、胸の痛み、胸が苦しい、呼吸がしにくい、胸椎前彎、背中の痛み、脊柱管狭窄症、側彎症、猫背、腹の肉離れ、腹部の打撲、下腹部太り
腰・お尻 様々な腰痛、ぎっくり腰、腰椎すべり症、坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、お尻の痛み、お婆さんの曲がった腰
股関節・大腿 下半身不随、股関節の痛み、臼蓋形成不全、大腿骨頭すべり症、大腿骨骨頭壊死、股関節症、鼠径ヘルニア、ふとももの痛み、ふとももの肉離れ、下半身太り、太腿のむくみ
足・膝・足首・足指 膝の痛み、オスグッド病、成長痛、半月板損傷、変形性膝関節症、膝の亜脱臼、膝の打撲、O脚、ふくらはぎの肉離れ、ふくらはぎのむくみ 、夜中に足がつる、足首の痛み、捻挫、痛風、足指の痛み、足指の変形、外反母趾、内反小趾、足底の痛み、タコ・魚の目、巻き爪、足のしびれ、正座が出来ない、あぐらがかけない
全身症状 全身調整、冷え性、筋肉痛、貧血、自律神経失調症、倦怠感
内臓 胃痛、腹痛、高血圧、せき、腎機能障害、心臓病、狭心症、脱腸、便秘
アレルギー アトピー性皮膚炎、紫斑病、湿疹、食物アレルギー、金属アレルギー、花粉症
その他 交通事故後遺症、不眠症、めまい、二日酔い、発熱、無気力、生理不順、生理痛、不妊、むくみなどの他、ウイルスが原因とされている口のヘルペス・性器ヘルペスや、難病とされているリウマチ等も含めて数え上げると限がありません。

※ 肩こり・ヘルニアの他、一般に手技では改善出来ないと思われている、ヘルペス・リウマチ・
  アトピー性皮膚炎・花粉症等、各症状の改善理論は「症状別の対策」でご覧ください。



関連リンク

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪