アトピー性皮膚炎・花粉症

アトピー性皮膚炎は、一般には先天性のアレルギー体質といわれている人が、様々な刺激により、湿疹や皮膚の炎症等を起こすものと推測されていて、ダニやハウスダスト、カビ、花粉、細菌、ペットの毛、入浴時の石鹸(ボディーソープ)や様々な食物、ストレスまで原因に入るようですが、未だに原因は不明です。
 
原因と思われるもの全てを取り除き、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬や免疫抑制薬やステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)を処方したりする治療法が行われていますが、中々改善出来ないのが現実のようです。
 
自然形体療法では、ダニやハウスダスト、カビ、花粉、細菌、入浴時の石鹸等に過剰反応を示すのは、体の特定の部分に原因があって、自律神経失調や内臓機能低下が起こり、自己治癒力が低下している結果と考えています。ですから原因である体の部位を正常に戻す事により、根本から解消してしまいます。
 
花粉症も似たようなもので、主な原因は春先に飛来するスギ花粉を吸引する事だといわれています。

勿論症状の出る目や鼻そのものに異常がある訳ではありません。
 
しかし、スギ花粉を吸引する事が主な原因であれば、夜中に就寝している時に症状が酷くなる筈(部屋の中に侵入した花粉は、日中は人の動き等で拡散されていますが、夜中に室内の空気の動きが制止すると花粉は床の方に降りて来て、就寝中に沢山吸い込んでいます)ですが、不思議な事に花粉症患者の多くは就寝中は殆んど症状が出ませんし、朝、目が覚めた時もまだ症状が出ません。
 
次に布団から出る瞬間、つまり寝た状態から起き上がる瞬間に一番酷く症状が出ます。
 
そして日中は症状が続きますが、起き上がる瞬間のような酷い症状ではありません。
 
つまり、夜寝ている時に沢山花粉を吸いこんでいるにも限らず、花粉症の症状を起こしている一番の原因が無く、起き上がる瞬間に症状が悪化する事から考えると、起き上がる瞬間にその原因が強く現れるという事ですから、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬やステロイド薬(全て症状を和らげるだけの対処療法薬)では、起き上がる時に起きる、本当の原因を解決する事は出来ないのではないでしようか?

院長の個人ブログへ
curucuruブログへ
くるくるくるぽへ

お問い合わせ先


昨日 | 本日
カウンターゲットプレゼント

同じ数字が並んだ方は
ご連絡下さい♪